MENU

違法取り立ての実態と被害から身を守る方法

違法取り立てって実際にどれほど存在するの?
違法取り立ては、特に消費者金融や貸金業者の中において問題視されています。

精確な統計は国や地域、時期によって異なるため一概には言えませんが、多くの国で規制当局や消費者保護団体からの報告により、その実態が明らかになっています。

違法取り立ての例としては、以下のような行為が含まれます。

暴力的または脅迫的な行為 借り手やその家族に対する身体的な暴力や、精神的なプレッシャーをかける行為。

不適切な時間帯の連絡 深夜や早朝など、社会的に認められた範囲外の時間帯に連絡を取る行為。

プライバシーの侵害 周囲の人々に借金の存在を明かしてしまうなど、個人のプライバシーを侵害する行為。

虚偽の情報による脅迫 法的に認められていない取り立てや手段を示唆して脅す行為。

根拠として、多くの国においてはこのような違法取り立て行為を取り締まるための法律が設けられています。

例えば、日本では「貸金業法」により、貸金業者の取り立て行為が規制されており、暴力的取り立てや、過度な心理的プレッシャーをかける行為などが禁止されています。

また、アメリカでは「Fair Debt Collection Practices Act(FDCPA)」が借り手を不当な取り立てから保護するために設けられています。

しかし、違法取り立ての存在が認識されているにも関わらず、依然として問題は根強く残っています。

これは、違法業者が常に新たな方法を見つけ出し、法的な規制を逃れようとするためや、借り手が自身の権利を十分に理解していないケースがあるためです。

違法取り立てに関する根拠や具体的な状況については、各国の消費者保護機関や規制当局の公式なレポートを参照するのが最も有効な方法です。

これらの機関は定期的に業界の監視を行い、違反があった場合には公表しています。

違法取り立てを行う業者はどんな特徴を持っているのか?
違法取り立てを行う業者の特徴については、以下のようにまとめることができます。

ただし、これらの特徴は一般的な傾向に過ぎず、すべての違法な業者がこれに当てはまるわけではありません。

特徴とその根拠は、日本の消費者金融業界における過去の事例や、国や地方自治体が公表している情報に基づいています。

違法取り立てを行う業者の特徴

法外な利息を要求する 合法的な上限金利(日本では出資法による上限が20%から出資法、あるいは貸金業法に基づく上限18.0%が存在します)を超える金利で貸し付けを行い、高額な利息を要求する業者です。

契約内容が不明瞭 契約時に利息率や返済スケジュール、返済金額などの重要な情報を不明瞭にする、または全く説明しない業者もいます。

威圧的または暴力的な取り立て 電話や直接訪問による脅迫、夜間や早朝の嫌がらせ、暴力的な言動を用いる取り立てを行う業者です。

プライバシーの侵害 借り手の家族、友人、職場に無断で連絡を取り、借金の事実を漏らして周囲に圧力をかける行為を行う業者です。

契約を解除しにくい 中途解約に際して過剰な違約金を要求したり、解約に関する手続きを意図的に複雑化する業者もいます。

根拠

違法な取り立て行為や業者についての特徴は、各種法律や政府が公表する情報をもとにしています。

例えば、日本の場合、貸金業法や出資法、暴力行為等処罰法などが違法行為に対する規制の根拠となっています。

政府や地方自治体の消費生活センターなどは、違法な取り立てに関する相談に対応し、公式サイトなどで注意喚起を行っています。

個々の事例については、裁判所の判例や報道された事例が根拠となります。

違法取り立てに関連する刑事事件や民事訴訟などが公にされることもあり、これらの情報は業者の違法行為の実態を知る一助となります。

違法な取り立てに遭遇した場合は、消費者金融等の監督機関、消費生活センター、または警察への相談が推奨されます。

被害者はどのようにして違法取り立てに気付くことができるのか?
違法取り立てに気づくための主なポイントとその根拠について、以下に詳しく説明します。

1. 過度な脅迫や暴言

違法な取り立て行為では、しばしば脅迫や暴言が使われます。

債権者が借金の返済を促す過程で、過度に怖がらせるような言動や人格を否定するような言葉を使うことは、日本の出資法(第24条)や貸金業法(第21条の2)で禁止されています。

2. プライバシーの侵害

家族や職場に無断で連絡を取り、借金の事実を無闇に話すことはプライバシーの侵害となります。

このような行為も貸金業法(第21条の2)によって規制されています。

3. 不当な利息の請求

利息制限法に従い、年利は最大でも15%〜20%と定められています(貸し付ける金額によって異なる)。

これを超える利息を請求するのは違法であり、出資法で規制されている「高金利」にあたります。

4. 時間帯の守らない連絡や訪問

貸金業法では、取り立てのための電話や訪問を「午前8時から午後9時まで」の間に制限しています。

この時間帯を守らない場合、違法な取り立て行為に該当する可能性があります。

5. 身体的な威嚇や暴力

当然ですが、身体的な威嚇や暴力を用いることは犯罪行為であり、刑法上の暴行罪や脅迫罪にあたります。

根拠

出資法(第24条) 法外な利息を取ることを規制。

貸金業法(第21条の2) 取り立て行為の方法に関する規制。

利息制限法 利息の上限を定める。

刑法(暴行罪や脅迫罪) 身体的または心理的な暴力に関する規制。

違法な取り立てに気づいた場合は、消費者金融などの貸金業者に対して直接抗議するだけでなく、国民生活センターや法務局、または弁護士に相談することが重要です。

こうした行為は法律によって明確に禁止されており、適切な対応が可能です。

違法取り立てから身を守る方法はどういったものがあるのか?
違法取り立てから身を守るための方法はいくつかあります。

以下に、その方法とその根拠について説明します。

金融庁への相談 日本では、金融機関や闇金からの違法な取り立てについては、金融庁が相談を受け付けています。

金融庁のウェブサイトには、違法な取り立てについての相談窓口が明記されています。

これは金融機関に対する直接的な監督機能の一部として位置づけられます。

国民生活センターへの相談 国民生活センターは、消費者が抱える様々な問題に対して相談を受け付けています。

違法取り立てがあった場合、国民生活センターに相談することで、対処方法についてのアドバイスや法的な支援を受けることができます。

相談支援機関への相談 特定非営利活動(NPO)法人など、借金問題や違法取り立てに特化した相談支援機関もあります。

これらの機関は、具体的な法的手続きの支援や、闇金対策の専門知識を提供できます。

警察への通報 違法取り立ての行為は、脅迫や暴力行為とみなされる場合があります。

このような状況は犯罪に該当するため、直ちに警察に通報することが重要です。

警察は犯罪の防止と対策の責任を負っており、被害者の保護を含めた適切な対応を行います。

弁護士への相談 法的な支援が必要な場合、弁護士に相談することが重要です。

弁護士は、違法取り立てに対してどのように対処すべきか具体的なアドバイスを提供し、場合によっては法的手続きを代理で行ってくれます。

根拠となる法律
違法取り立てに対する根拠として、主に「貸金業法」や「出資法」などがあります。

これらの法律は、貸金業者の行為を規制しており、不当な取り立て行為を禁止しています。

また、脅迫や暴力行為については、「刑法」が適用され、これらの行為を犯罪として定めています。

これらの方法と法律を活用することで、違法取り立てから身を守ることができます。

ただし、状況に応じて適切な機関への相談が重要であるため、自身で判断が難しい場合は早めに専門家へ相談することをお勧めします。

違法取り立ての被害に遭った場合、どのような対処法が有効なのか?
違法取り立ての被害に遭遇した場合、有効な対処法はいくつかあります。

以下にその手順と根拠について詳しく説明します。

証拠の収集

違法な取り立て行為が行われた際には、できるだけ多くの証拠を収集しましょう。

これには、通話記録、取り立て人からのメッセージや手紙、録音(法的な許可が必要な場合がありますので注意してください)などが含まれます。

これらの証拠は、後に警察や関連機関に報告する際に非常に重要です。

警察への通報

違法な取り立ては犯罪行為であるため、警察に通報することが重要です。

警察は犯罪の調査や加害者に対する法的措置を取ることができます。

消費者金融等に関する監督機関への相談

例えば、日本では金融庁や地方の消費生活センターが相談窓口として機能しています。

これらの機関は、違法な取り立ての相談を受け付け、解決に向けてサポートを提供します。

法的措置を検討

弁護士に相談し、民事訴訟や刑事告訴など、違法取り立てに対する法的措置を検討することが重要です。

弁護士はあなたの権利を守るための具体的なアドバイスを提供し、法的手続きをサポートしてくれます。

根拠となる法律
– 日本においては、貸金業法や出資法、刑法(脅迫等)などが違法な取り立て行為に対する法的な根拠となります。

これらの法律は、不当な利息の要求、脅迫、嫌がらせ行為などを違法としています。

違法な取り立て行為に直面した時は、冷静に対処し、適切な機関に相談することが重要です。

決して一人で悩まずに、支援を求めましょう。

【要約】
違法取り立ては、特に消費者金融や貸金業者において問題となっている。違法な行為には、暴力的または脅迫的な取り立て、不適切な時間帯での連絡、プライバシーの侵害、虚偽の情報による脅迫などが含まれる。各国には違法取り立てを規制する法律があり、日本では貸金業法が、アメリカではFair Debt Collection Practices Act(FDCPA)がそれにあたる。違法取り立てを行う業者は法外な利息を要求する、契約内容が不明瞭、威圧的な取り立てを行う、プライバシーを侵害する、契約解除を困難にするなどの特徴がある。違法取り立てに気付くためには、過度な脅迫や暴言、プライバシーの侵害などの行為に注意する必要がある。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次